得意技 04

特殊技術「4部品同時加工」

four-parts

4部品同時加工の金型には、
私たちならではの技が活きています。

お客様の、定期的に必要な大量部品製作にかかるランニングコストを少しでも軽減させたい、
と生まれたのが星光工業の特殊加工技術が「4部品同時加工」です。

文字通り、ワンショットで4部品を製作する技術ですが、
その金型づくりには、星光工業の65年の歴史で培った技が詰まっています。

「4部品同時加工」のメリット

01.良いモノを提供するために生まれました

従来の順送型プレスではワンショット1種・1個の製作ですが、プレス技術と金型のノウハウを生かし、異品種4個をワンショットで同時に加工する方法を実現しました。

本来4個の部品製作であれば、4つの金型をつくり、金型の付け替えを4回行うことになります。金型製作の料金や、付け替えにかかる時間を削減できるのが「4部品同時加工」です。

1つの金型は、通常の金型よりも高価になりますが、全体のコストを考えると、1個あたりの製作単価が安くなります。

02.「4部品同時加工」は星光工業の特殊技術です

複数部品を同時に加工する技術は特殊なものではありませんが、多くは2部品までではないでしょうか。
4部品同時加工を実現するためには、金型づくりのノウハウと、パワーのある大型プレス機が必要になります。その両方を持つ当社であれば実現可能ではないかと取り組みました。より良いモノをより安くご提供するための挑戦でした。

単型プレスのように機械側での調整ができない「4部品同時加工」は、完璧な金型づくりに時間をかけます。
材料の延び、動き、展開、材料の抑え方一つに微妙な調整を施せるのは、当社の経験豊富な技術者が、10数年前から「4部品同時加工」に取り組み、トライアンドエラーを重ねて技術を磨いているからです。