私達の活動とその意義

現在、星光工業ではプラン・ジャパンを通じて、ボランティア活動に参加しています。


チャイルドは地域の住民で話合って選ばれます。
選ばれた子どもは、地域の代表として、私達と手紙のやりとりをしながら、
自分達の村の様子や開発の成果などを教え、また私達の国の様子を皆に教えてあげる役目があります。
支援している子ども達の村には、情報源となるものはラジオ程度のものしかありません。
ですから手紙のやりとりをしながら、子ども達や地域の人達に日本のことをもっと知ってもらおうと考えています。



ガリガイ君から頂いた手紙です。
チャイルドに選んでくれてありがとう。とても喜んでいる…
などの内容が書いてあります。

スレマちゃんから頂いた手紙です。

七夕の時期には、プランジャパンを通して一人ひとりに願い
事を書きました。

筆箱・ボールペン・消しゴムなどの文具をそれぞれ4人に送りました。これらの物さえも、彼らには簡単には手に入らず、大変貴重なものなのです。

プラン・ジャパンプラン・ジャパンの活動については、プラン・ジャパンのサイトをご覧ください。


地域開発とは、地域の人々が協力して村を改善していくことです。
中には、ただ支援を受けるだけなら良いが、スポンサーと交流をしたり、自分達で話し合ったり計画して実施するのは面倒でやりたくない、という人達もいるそうです。それらをまとめ、説明していくのもプラン・ジャパンの役割です。
1人や2人の力ではどうにもならないことも、多くの人が集って活動すれば大きな力になります。
会社にも言える事です。誰か一人だけが頑張っても会社は成り立ちません。一人ひとりに役割があり、それを各自が責任を持って行動していくからこそ、会社は成り立っていきます。

星光工業の理念、『感謝の心、そして日々新たに』。
日本で当たり前に生活していることでも、一部の外国ではそうではありません。病気でも病院に行けない子や勉強したくても学校に行けない子が沢山います。人は一人では生きていけなのだから、周りに自分が生かされている事に感謝をし、微力ながらも社会への恩返しや責任を一人ひとりに感じて欲しいと思います。

  星光工業株式会社プラン・ジャパン担当
山田知子 記
山田知子